夏の終い

  06, 2018 00:00
180901gya.jpg
D7500 + AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR
9月に入って、7・8月のあの猛暑を感じることもなくなりました。湘南海岸も海水浴シーズンは終わり、海の家も終いです。
180901gyb.jpg
D7500 + AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR
これは台風が来る前の9/1の材木座海岸。ここ材木座海岸の海の家も、ぼちぼちと撤収作業が始まりました。

180901gyc.jpg
D7500 + AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR
夏の海岸にレフ機を持って近づくのは盗撮と間違えられる危険があって、特に今夏は全くと言っていいほど海岸に近づきませんでした。そろそろ海岸を撮り歩く機会も増えると思います。

一昨年だったか、海水浴場ではない稲村ヶ崎で控えめにX-A1+XC50-230つけて撮っていたのですよ。それがね、間違えられましたよ。「何撮っているんだ」と。最初何を怒っているのか良くわからず、聞いていくうちに盗撮に間違えられているなと気づいたのです。やましいところは無いのでカメラ内の画像を見てくれ、と。そしたらまだ文句ありそうながら引き下がってくれましたが、嫌な気分になりましたね。無理矢理にでも見せればよかったと今思う。その時は海上のヨットと対岸の陸を構図良く入れるため、高いところに登ったり降りたりしてたのが怪しげな行動に見えたのでしょうね。カメラを向けた先には水着の女性もいたみたいですので。最近のご時世からすると、カメラを持った人を見るとそういう目で見られるのはやむを得ない面もあって、その人も正義感からの行動と思うわけで、それ以降に海岸で撮るときは更に気を使っています。

180901gyd.jpg
D7500 + AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR
夕刻に近づくに連れ、雲が晴れてきました。

180901gye.jpg
D7500 + AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR
この日、子供以外で海に入っている人は皆無。まぁ曇り空でしたし、気温も過ごしやすかったですから。

180901gyg.jpg
D7500 + AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR
それにしても18-105は便利です。もともと描写が甘めなのでD7000時代は殆ど持ち歩きませんでしたが、D7500で画素数が上がり、ローパスレスになって、そこそこ見れる様になりました。荷物が少なくなることもあって、このレンズに35mm単を加えて持ち出す機会が最近増えています。

180901gyh.jpg
D7500 + AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR
相変わらず雲の形が面白かったので、夕景を撮るために逗子マリーナ近くの飯島公園へ。

180901gyj.jpg
D7500 + AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR

180901gyk.jpg
D7500 + AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR
残念ながら日没を拝むことはできませんでした。
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment

What's New