単焦点で撮る楽しみ

  03, 2018 00:00
181012rra.jpg
D7500 + NOKTON 58mm F1.4 SLII N
最近単焦点で撮るのが楽しくて、AF-S DX 35mm F1.8をD7500につけることが多い。となると、なかなか海岸へは足が向かず、街中で撮ること多くなります。これはD7500に初めてNOKOTON58mmを付けて、先月撮った横須賀ヴェルニー公園。
181012rrb.jpg
D7500 + NOKTON 58mm F1.4 SLII N
これは遠影でF8と絞っていますので、MFでも容易にピントを合わせられるのですが。。。

181012rrc.jpg
D7500 + NOKTON 58mm F1.4 SLII N
開放F1.4はピント面が極薄でとてもむずかしい。これもベンチの真ん中に合わせたつもりが後ピン。
こんなときミラーレスであればピーキング機能を使えば簡単にピントをあわせられるのです。しかしレフ機だとファインダーの見た目だけでジャスピンにするのは困難。しかも手持ちで体が前後するだけでピント位置が変わります。なんたってピントリング2,3mm回すだけでピント位置が変わりますから。そこでファインダー内のピント表示を使うのですが、NIKONならば事前に●(合焦)と▲(後ピン)がいったりきたいりする位置をジャスピンになるようにピント調節していたのですが、それでも難しい。

それでもこういった斜めの被写体はまだまし。正面から撮る被写体は少しずつピントリングを回しながら連写します。

181012rrd.jpg
D7500 + NOKTON 58mm F1.4 SLII N
これは失敗作。ピント位置に足が来るように連写したのですが、連写し始めたのが遅れました。構図ももう少し上から撮れば良かった。

この日の開放での歩留まりは30%以下でした。難しい。でも楽しいです。
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment

What's New