1931年製造

  21, 2023 00:00
230917yla.jpg
D7500 +AF-S DX NIKKOR 35mm F1.8
自分は学生時代から偏頭痛に悩まされていて、今でも月に数回発症します。市販の頭痛薬は効かないので、頭痛になったら医者から処方される偏頭痛薬を飲みます。でも服薬して2時間後位しないと効かないので、痛みがひどい場合はその2時間が地獄だったりする。
いつも通院している医者から予防薬として呉茱萸湯(ごしゅゆとう)と言う漢方薬を勧められていて、毎日の服薬が面倒なので断っていたのですが、それでも何度も勧められたので試しにしばらく服薬してみた。漢方薬が効くかどうかは人それぞれとのことでしたが、明らかに頭痛の頻度が下がりました。自分は風邪のひき始めに葛根湯が効いてくれるのですが、どうも漢方薬との相性が良いみたいです。すごいぞ中国4000年の歴史!。毎日3回飲まなければならないのと、味が良くないのが難点ですが...。

さてこの一枚は、鎌倉由比ヶ浜海岸近くの鎌倉海浜公園に展示保存されている、江ノ電のタンコロ107号車の運転台。製造はなんと約90年前の1931年で、1980年に引退した車両。タンコロとは、連結ができない車両で、単行(1両編成)で運行されていたことからつけられた愛称。いまでは時に激混みの江ノ電で1両編成で運行していたとは今となっては驚く。ただ当時は続行運転と言って、連結していないタンコロが2,3台連なって運行していたらしい。これもちょっと驚く。
230917ylb.jpg
D7500 + AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR
室内はこんな感じ。小さい車両です。

230917ylc.jpg
D7500 +AF-S DX NIKKOR 35mm F1.8
車体は木造らしいのですが、もうボロボロです。それもそのはずで、海にほど近い場所に展示されていているから劣化が激しい。5年前に来たときは、今にも朽ち果てそうな感じでしたが、なんとか復活させたようです。でもいつ撤去されても不思議じゃない。

230917yld.jpg
D7500 + AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR

230917yle.jpg
D7500 +AF-S DX NIKKOR 35mm F1.8
話は変わって、ここ最近LightRoomに続々新機能が追加されている。直近ではぼかし機能や、ポイントカラー機能が追加された。これが結構使えるのです。この写真もぼかし機能を使って現像。ぼかし機能はスマホのカメラアプリでも機能がありますけどね。

230917ylf.jpg
D7500 + AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR
タンコロの正面。

ちなみにタンコロ108号車は江ノ電の極楽寺車庫で動態保存されています。
スポンサーサイト



2 Comments

aozoratenki2  

偏頭痛 どのような箇所に症状が出ますか?
ボクは若い頃 頭の中心部分に痛み?がありました

2023/10/21 (Sat) 07:57 | REPLY |   

すとん  

To aozoratenki2さん

aozoratenki2さん、こんばんは。
私はこめかみの片側か両方に鈍い痛みが出て、頭全体が重くなります。
偏頭痛薬を飲めば症状が和らぎますが、偏頭痛薬が無かったときは吐いたり、痛みで意識が朦朧となったときもありました。
頭痛は辛いですよね....


2023/10/21 (Sat) 23:43 | REPLY |   

Post a comment

What's New