人生初胃カメラ

  10, 2013 21:41
人間ドッグで、人生初胃カメラ。

まず胃の動き抑制するブスコバンとかいう注射を左腕に。これがまぁまぁ痛いんですよ。
次に不味い液体を飲まされ、凍った麻酔薬をなめて喉に麻酔をかける。これ以降は唾を飲んじゃ危険とかで、牛のヨダレ状態。テッシュでヨダレフキフキ。

それから10分後位に喉へシュッと麻酔薬をダメ押し。歯医者で麻酔を打った時の味と一緒ですな。で、ベット上で横向きに寝て、いよいよカメラを飲み込む。

看護婦さんに「初めてですか..? 緊張しないでね」なんて言われたけど、舐めてもらっては困る!
1ヶ月前の白内障手術を受けたんだぜ。それを考えたら胃カメラ大したこと無い!

ほんと緊張なんかしてなかったんです。カメラなんてスムーズに飲み込める筈なんです。自信満々だったんですよ。でも自分の意志に反して喉にモノが通ろうとするわけだから、ゲボゲボしてなかなかカメラがなかなか喉を通らず。あれ、おかしい...大したことはなかった筈だったんだけど。

何度かやり直してなんとかカメラが入ったんだけど、それから今までに経験した事が無い様な違和感。
胃袋でカメラが動きまわるのがわかるんだけど、これがいやーな感じ。空気を入れられて胃袋が膨らんでゲップが出そうになるし。

検査は10分位で終了。ケッコー辛かった。1時間ほど麻酔が切れなくて、尚も牛のヨダレ状態。もうやりたくねぇ。これならバリウム飲んだほうが楽だね。

人間ドッグの受診は桜木町だったので、その後野毛を通って横浜方面へスナップ撮影に。機材はPL1s+MZ14-42mm。でも天気が悪くて。PL1sはダイナミックレンジが狭い為こういう天候は苦手なんで、積極的に撮る気がしない。

131210a.jpg
14mm F5.0 1/40s +0.3EV クロスプロセス

131210b.jpg
14mm F8.0 1/30s +0.3EV

131210c.jpg
14mm F8.0 1/40s +0.3EV ドラマチックトーン
スポンサーサイト



0 Comments

Post a comment

What's New